中学1・2年生中1から中2までの取り組みが入試の7割を決める

塾で先取り学習 定期テストの結果が志望校を左右する 学校の授業をしっかり理解 現在の学力を正確に把握しよう

上位・中堅公私立高校を目指すコースです。中学校の内申対策を重視し、さらに受験を突破するための得点力を養成することを目標としています。新学習指導要領や首都圏の公私立高校の入試問題を分析・研究したテキストと、中学校別に対応した定期テスト対策ワーク、プリントを併用して授業を行い、確実な得点力の向上を目指します。

難関国公私立高校を目指し、合格力を身に付けるための興学社学園のハイレベルコースです。独自のカリキュラムで発展的内容を学び、難易度の高い入試問題においても確実に解答できる力を育てます。内申対策はもちろんですが、各検定においても上位級取得を目指す対策を行い、幅広い知識や応用力を身に付けます。難関校受験生用のハイレベルテストや、このクラスで受講している生徒たちが一斉に集まる選抜生統一模試など、高い水準で切磋琢磨できる機会を提供し、トップレベルの意識と実力を育てます。

実践躬行

一書入魂

実践躬行

教科別指導方針

各中学校別に対策を実施しています。重要ポイントを中心に丁寧に解説を行い、演習を繰り返すことで得点アップを目指します。原則的に、定期テストの約2週間前から、塾の授業

は定期テスト対策授業となり、教材も定期テスト対策用のものに切り替わります。また、休日にはテスト範囲に合わせて定期テスト対策トレーニング「テストレ」を実施し、集中的に学習します。この一連の内申対策を通して、スケジュールの立案により「計画性」を、その確かな実践により「実行力」を育成します。分かるまで、できるまで、何度でも補習授業を実施します。

公立・私立の入試問題を興学社学園の専門チームが傾向を分析し、無理なく、無駄なく学べるよう指導方針を定めています。入試対策に直結した発問による双方向型の「考える授業」で、単なる知識の暗記だけではなくイメージ力と表現力を養います。また、習熟度別のクラス編成により、それぞれの実力、志望校に合わせた授業を行っています。クラスメートと切磋琢磨し、志望校合格という大きな目標に向かって共に歩むことで、クラス制の最大のメリットを活かしてまいります。将来をしっかりと見据えた高い意識を作り出し、生徒本人・保護者・講師が一体となって夢・実現に挑みます。

教科別指導方針

特進科では夏期講習会までに、受験科では2学期前半で全ての単元の学習を終了します。その後は、入試頻出単元を中心に演習・指導を行います。文法問題演習で培った語彙力・文法力をもとに構文力を養成し、リスニング・音読を取り入れ、入試で求められる「速く正確な読解力」を獲得します。入試直前には解答力の向上と記述力を育成します。

入試を意識し、問題演習に多くの時間を割けるようなカリキュラムを組んでいます。特に入試で出題されやすい単元である「二乗に比例する関数」・「相似」・「円」・「三平方の定理」では、中学校の定期テスト対策だけに制限せず、入試問題を授業に取り入れ、より実践的な力を養っていきます。

漢字検定3級以上の取得を目標とした指導を行います。また、説明文・論説文については要旨の把握、小説・随筆については主題の把握を中心に授業を行い、読解力を熟成させます。また、記述問題への対応として、作文指導を通して表現力を養成し、総合的な国語力の向上に努めます。

実験・観察に関して、その目的や手順、注意点、考察などを順序立てて解説することで理解を深めます。さらに法則や公式を自在に活用し、計算問題に対応するために演習を繰り返します。高校入試問題に照準を合わせた授業を展開し、入試問題に十分に対応できる解答力を身に付けます。

歴史(近代・現代)・公民を中心に授業を展開します。夏期講習会では地理・歴史の総復習を行います。用語集を暗記し、高校入試に必要な知識量を習得するまで徹底指導します。入試問題演習を通して、習得した基礎知識を活用する力を養います。また、時事問題に対応し、新聞やテレビのニュースに関心を持つ習慣を付けさせます。

オリジナル学習コンテンツ

実践躬行

一書入魂

テストレ

イベント

夏期特訓合宿

資料請求などのお問い合わせ