中学1・2年生中1から中2までの取り組みが入試の7割を決める

塾で先取り学習 定期テストの結果が志望校を左右する 学校の授業をしっかり理解 現在の学力を正確に把握しよう

原則的に、塾の授業は学校より少し早いカリキュラムです。未習の範囲は、要点をまとめ、分かりやすくシンプルに解説します。少人数クラス制によって、生徒の「分からない」を見逃しません。分かるまで、できるまで、質問にも答えます。

塾で先に習っているので、学校で習うときには2回目。これで学校の授業を受ける際の安心感が違います。学校の授業を、しっかりと理解することが成績向上の基本です。

定期テストの結果は内申点に直結します。内申点は高校入試に大きく影響します。つまり、定期テストの結果次第で受験校が絞られてくるとも言えます。このとても大事な定期テストに対し、興学社学園では学校別の傾向を分析し、万全の対策を実施します。また、定期テストの学習を通して、単元内容をさらに繰り返し復習し、学力を定着させていきます。

講習会前後に実施される学力診断テストで、定期テストや学校の勉強だけでは測れない学力、入試得点力にもつながる教科ごとの実力を判定します。現在の学力を正確に把握し、教科・分野ごとの課題を発見し、今後の実力養成に向けて目標を明確にします。

学習のサイクル 学校の授業 復習 定期テスト 講習会 学力診断テスト 塾の授業

教科別指導方針

中学1年生の学習では、基本を理解し反復することが何より重要です。
勉強方法からじっくりと丁寧に指導します。

英語への興味・関心を強く持ってもらえるように、「楽しさ」を伝える授業を実施しています。そのため、講師・生徒間の対話をもとに指導内容の確認と定着を図る、双方向型の一体感のある授業となっています。「読む・書く・聴く」といった英語の基本を身に付けるため、学習方法から丁寧に指導します。

小学校までの「算数」では具体的な数を使って学習した内容を、中学校からの「数学」では文字を使って表すなど、「算数」から「数学」への移行とそのつながりを意識したカリキュラムを組んでいます。1年生のときにしか学習しない内容や、新学習指導要領で追加された内容も多く、入試での出題も見据えて確かな定着を目指します。

漢字検定5級以上の取得を目標とした漢字・語句の学習を反復し、また、対義語・類義語といった知識面の習得にも力を入れていきます。読解力を養成する土台を作るために、説明文・論説文については指示語・接続語の捉え方を、小説・随筆については場面・情景・話題の把握を中心に授業を展開していきます。

理社ともに、1年生では身近な事象や取り巻く環境から「なぜ、どうして」を考えさせ、楽しさを伝える授業を展開しています。※地域によって学習の範囲や順序が大きく異なるため、教室別に対応が異なります。開講状況も含め、詳細は教室にお問い合わせください。

学習内容がより深く高度になる中学2年生。幅広い応用力を養成し、確かな学力を身に付けます。

2年生で学習する内容は入試に直結するだけでなく、英語学習の根幹となる文法事項が多くあります。1年生で身に付けた基礎的な力を伸ばし、各単元の文法事項について徹底的な理解を図ります。既習の文法事項を織り交ぜた例文を使用し、繰り返し復習をすることによって、基礎から発展まで、無理なく力を養成します。

1年生で学習した単元をより深めることに力を注ぎます。特に、3年生の学習につながる「式の計算」・「連立方程式」・「一次関数」の単元は主に1学期に学習します。2学期からは証明問題を多く扱います。図形分野の終了後は2年生時にしか扱わない単元が続きますが、数学を入試における得点源とするために、しっかりと知識を定着させます。

漢字検定4級以上の取得を目標とします。ことわざ・慣用句・故事成語といった、言葉の習得にも力を入れていきます。また、読解力の本格的養成のため、説明文・論説文については段落内容の理解、段落の相互関係の把握を中心に、小説・随筆については心情の理解、表現内容の把握を中心に授業を展開し、実際の入試問題にも対応していきます。

受験を見据え、これまでに学んだ知識を関連付けし、分野をまたいだ総合的な知識を身に付けていきます。※地域によって学習の範囲や順序が大きく異なるため、教室別に対応が異なります。開講状況も含め、詳細は教室にお問い合わせください。

検定対策講座 選抜生統一模試 教室別学習指導会

オリジナル学習コンテンツ

実践躬行

一書入魂

テストレ

イベント

中2選抜生特訓会

資料請求などのお問い合わせ