小学生学習内容をより分かりやすくより深く

スタンダード ベーシック 公立中高一貫校受検対策コース

スタンダードコースではノートの書き方、苦手科目の攻略、家庭学習の習慣を身に付けることを重視した授業を行っています。小学校の高学年で学習習慣が定着すると、中学に進学した後、部活、学校行事などでますます忙しくなっても継続して学習することができるようになります。また、クラス制によって切磋琢磨することで「上昇志向」を意識させ、仲間と共に「できる体験」を多く積み上げることによって考える力を養成します。
※英語の開講状況は教室によって異なります。詳しくは教室までお問い合わせください。

学習の基本概念は小学生で学びます。だからこそ、小学生の学習内容は確実に小学生の間にマスターする必要があります。教室では算数・国語の学習内容を深く丁寧に解説し、演習や宿題で反復する習慣が身に付く指導を行っています。通塾は曜日選択制なので、一人ひとりの生活状況に応じて学習を進めることができます。また、定期的に行われる学力診断テストによって、学校では測れない「実力値」を判定します。これによって、正確に現在の学力と課題が把握できます。

公立中高一貫校は各地域で人気が高く、非常に倍率が高くなっています。また、実施されている適性検査は通常の教科学習のみでは得点につながりにくい傾向を持っています。当コースは、興学社学園が各中学校の適性検査を独自に分析し、出題頻度の高い単元を中心に、グラフや資料の読み取りなどのインプット、そして得点につながる答案を作成するアウトプットの方法を指導します。基礎知識を広げ、さらに深めていく学習によって、合格に必要な「考える力」、そして「表現する力」を養います。

ロボット教室「ヒューマンキッズサイエンスロボット教室」では、モノづくりを通して楽しみながら三つの力を養います。ブロックの組み立てを通じて身に付くのは、図形問題を解くのに必要な「空間認識能力」。ロボットを最後まで完成させるために必要な「論理的思考力」は、算数の文章題や読解力も同時に育てます。そして何より大事な「想像力」。「自分の発想」で、「自分の手」で作成することにより、与えられたことだけをただやり遂げるだけでなく、自ら考えて表現する力も身に付けられるのです。

パズル道場パズルは論理的思考力、着眼・推理・分析能力、発想力、粘り強さが“遊びながら育成される”まさに理想的な教材です。様々な能力を身に付けながら、自分でできた喜びと、考えることの楽しさを体感できるので、学習において最も重要な「主体性」が養われます。パズル道場では、算数のセンス、空間把握能力のセンスを育成するために厳選された教材・教具が用いられています。また、パズル検定とパズルオリンピックという二つの指針を設定したシステムにより、継続的、段階的に力を付けていくことができます。

パズルは論理的思考力、着眼・推理・分析能力、発想力、粘り強さが“遊びながら育成される”まさに理想的な教
材です。

基礎学力総点検 セーフティーメール 読書カード

興味や関心を引き出すイベントや体験学習

資料請求などのお問い合わせ